【スイスのコンセント】100均の変圧電源プラグで解決できる

Instagram

こんにちは、KURUMIです。
今回は、私が実際に住んでいたスイス・チューリッヒの 電源プラグについて書いていきます。
これからスイスに旅行に行かれる方、留学される方の参考になれば幸いです。 それでは早速見ていきましょう!

目次

スポンサードサーチ

スイスのコンセント・電圧は日本と違うの?

スイスのコンセントというのは、3つ穴のタイプです。


日本で育った自分には、スイスのコンセントが3つ穴ということに衝撃を受けました。笑
しかもスイスのコンセントは、日本のコンセントと違って穴が丸い。
刺す部分の形も違うんです。

また、電圧は他のヨーロッパの国々と同じ、 230V/50 H です。
日本は100Vですので、変圧器が必要になまたは 100-240V 対応のものに電源プラグを刺す形になります。


スイスのコンセント・100均の電源変圧プラグで充分使える

私は当時ダイソーで電源プラグを買いました。
イヤホンとかがある、電気製品のあたりにあります。

使用感ですが、全く問題ありませんでした。
ロフト等の旅行品売り場、電気製品屋さん、空港でも買えますが、
高いんですよね。
変圧器付きだから、という点もありますが、製品そのものの電圧が大丈夫であれば、100均の電源プラグでスイスは全く問題ありませんでした!!

変圧機のついたしっかりしたものも1個ると便利で安心、ではありますが、
小さくてなくしやすいし、100均ので充分使えると思います。



100均の電源プラグで複数口作る簡単な方法

また、便利だったのは延長コードを使う方法です。
(必ず電圧が対応かどうかは確認してくださいね)
延長コードに電源プラグを刺す。
当たり前ですが。これで電源プラグが一つでも、複数使えて本当に便利でした。
携帯の充電しながら、ドライヤーしたり。
また、それぞれにいちいちはめかえる手間が省けるのでおすすめです。

まとめ

・スイスの電圧とコンセントは日本と違うので変換プラグが必要
・電圧が大丈夫であれば100均の電源プラグでスイスでは充分使える
・延長コードがあればなお便利!

スイス・チューリッヒはとてもきれいで過去と現在が混在しているような外観、そして空気のゆったり流れる素敵な街です。
ぜひ、この記事を参考に、出かけてみてくださいね。

おしまい。


Instagram

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA