デートで奢られたくないー男女平等とは何か

Instagram

クリスマスイブ。沢山のカップルがデートしている所だろう。

かくいう私は、ブログを書こうと携帯に向かっている。


デートで奢られたくないー絶対割り勘派

割とよく起こるこの論争。デートでどちらが払うか問題。

スマートに払えない男はダメだとか、

会計の時は男に払わせて後から払う女がいいとか、

モテテク的なのが一杯あるみたいだけど、

私はデートで奢られたくない。断然割り勘派。

そして普通に会計時に私も一緒に払ってる。

彼氏年上なんだから払ってもらいなよ、とか

女の子は払ってもらえばいいんだよってよく言われるけど。笑

でもそもそも、なんで男の人が払わないとダメなのか、っていう所だよね。

私は今の彼氏とは一回り弱年が離れていて、仕事も私生活においても出来る事は明らかに彼の方が多いし、収入も多い。

だからこそ、奢られたくなくて、絶対割り勘してほしい。

単純に子供扱いされたくないっていう意地もあって。笑

それから、そこで出させるんじゃなくて、その分一緒に色んなところ行けたらいいね、色んなところで食べれたらいいねって思ってる。

ただ、ぴったり一円単位で、ではなくて、大まかに。

少し彼の方が多く出してくれることが多いかな。

でも私の方が出す時も普通にあるし、コンビニとかの細かいのも、お互いに今日は自分ね、って感じで出し合ってる。

奢られたいっていう気持ちは無いし、そもそも奢られたく無いから初回のデートから出させてくださいって言ったんだよね。

可愛がってくれてる先輩とかには、お言葉に甘えて奢ってもらうけど….

自分も後輩にそうしてあげたいし、そういう風に循環させるものかなってそこは思ってる。笑

でもそれは男女問わずね。

男に奢ってもらいたいのは、なぜなのか

これだけ男女平等が謳われてきて、少しずつ女性の地位も上がってきて、

男の人より稼いでる人もいる。

そしてそういう女性こそ奢られたいって思ってる人もいる、不思議と。

でもその発想の根底って、

男が稼いで家庭を守る、

パワーバランスが男に偏っている、

男に守られたい、

っていう男女不平等からくる発想。

心のどこかで、男が稼いで家庭にお金を入れるっていうのがあるから、奢られたくなるんじゃない?

でも別にこれからの社会、そうじゃなくていいはずなんだよね。

別に男が奢るんじゃなくて、

平等なんだから、どっちが払ってもいいし、

どっちの顔を立てるとか気を使って後でとかもしなくてよくない?

パワーバランスは同じ。

だから、彼女が払うから恥ずかしいとかないし、

奢ってもらえないからこの男ダメだなとかもない。

奢るな、奢られるなとは言わないけど、

それで評価するのは違うんじゃん?って思う。

奢られるのではなく自分の事には自分で払う

私は結婚しても1人の人間として自立した状態は保ちたい派だから、仕事も辞めたくないし、相手に依存はしないようにしたい。

そもそも自分の事に自分のお金で払うのは当たり前。

お祝いとかの時に払ってもらったらありがとう。

それでいい。

以上、私のデート奢る奢られる論争への意見でした。

おしまい。

Instagram

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA