【バレエ留学】持ち物で便利だったものベスト3

Instagram

スポンサードサーチ

バレエ留学、何を持っていけばいいの?

留学すると決まった時、
何を持って行けばいいのか分からず、
Web検索したり、Twitterの画像をみたりしていました。
私のスタジオにはバレエ留学した先輩もおらず、聞ける人もいなかったので、
心細かったんです。

当時色々読み漁選りましたが、当たり前に必要なものは沢山出てくるんだけど中々、実際の経験の方のこれ便利だった!っていうレビューがなくて。

なので今回の記事は、あの時の自分にすすめるならこの3つ!というものを選びましたので、ぜひ参考にしてみてください!!


【留学してから困らないように事前に英語学習しておこう↓】
まずは無料体験👉





【関連記事】
バレエ留学で失敗しない為に知っておくべき3つのケース↓
https://m-blanc.net/balletaboroadsuccess/

3位 電気ポット





長期留学の時は基本的にいつでもキッチンが使える家だったので、持っていかなかったのですが、
短期の時は重宝しました。

短期の時の部屋は、大学の寮で、
寮にはキッチンはありませんでした。
また、夜は何時以降は部屋を出てはだめですよ、というルールもあったで、
違う階にあるウォーターサーバーから水をもらっておいて、
夜等、お茶やスープ、紅茶などを飲むのに使いました。

眠れない時、疲れを感じてホッとしたい時にお世話になりました。
毎日慣れない環境で疲れていたので、
私はとても助けられましたね。

寮やホームステイ先、ルームシェア等滞在先のルールは様々だと思いますが、
自分の家と違って、キッチンが使える時間は決まっているなんてこともよくあると思うので、
もし事前にルールがわかれば持っていくものも工夫出来るかもしれません。

小さくて軽いもの、電圧のチェックだけ忘れずに。挿す部分は変換のプラグがあればオッケー。



第2位 さいばし

私は長期の時はホームステイで、
9割くらいは自炊でした。

さいばしは、
最初は持たずに行ったのですが、フライ返しだけだとどうも調理しづらかったんです。笑
なので途中からさいばしを持参しました。
実家には当たり前にあったので、留学した当初は、さいばしって日本の調理器具なのか!と謎の驚きを感じたくらい。
料理する予定の方にはぜひおすすめです。


第1位 洗濯干し



名前初めて知りました。笑

私が留学した先は長期・短期共に、洗濯機を回せる日は決まっていました。
日本では、一家に一台が一般的ですが、
海外では、アパートや寮だと建物全体で洗濯機と干す場所を共有して使っている、ということも多く、自由に使えるわけではないんですよね。

ですので実家と違い、毎日回せるわけではない状況でしたが、
毎日練習着や下着の洗濯物って沢山たまる。
なので、手洗いをかなりしていました。

その時に重宝ていたのがこれ。
小さいやつを持っていったのですが、
本当にこれのおかげで部屋で干しやすいし、乾くし、助かりました。
手洗いしそうな方には特におすすめしたいです。

おまけ 洗濯グッズのお勧め

洗濯関係でお勧めなのが、
このバスケット。
週一回の洗濯だったりすると、結構量がでるので、
袋に入れるのだとパンパン。
その点、このバスケットだと持ち運びも楽だし、
穂織り込んでおけばよいので便利でした。


洗濯ネットは必ず多めに持って行ったほうが良いと思います。
日本の洗濯機より威力が強かったりするので、
痛み安いです。
私は、なんでもこれに入れて洗ってました。







以上、実際に留学した私がおススメする留学の時に持っていってよかったものベスト3でした。

おしまい。

Instagram

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA