ダイエットと言う言葉が嫌いー痩せていること=自分の価値ではないことに気がついて

Instagram

自分がやっていたダンスのジャンルとして、

太る事はご法度だった。

有名なヨーロッパの学校の生徒はほっそくて、

子供のままのような細さを保ち、そのままプロになっていた。

私自身は、子供の頃は中々体重が増えない体質で、

特に中学の頃は本当に細かった。(155㎝29キロとか。)

本番前は食事に気を使ったりはしていたが、

大抵はご飯大盛りお代わりをするような子供だった。

今は人並みの体型だし、

世の中、私より細い人なんていくらでもいる。

私は痩せることが不要になった今も、

体型は気になるし、

これ食べたら太るかなぁなんて考えていたりもする。

でもダイエットしたいとは思わない。

ダイエットという言葉が嫌いだから。

ダイエットがもたらしたこと

細くいることが求められる世界で、

私はいろんな人を見た。

1日1食きゅうりここんにゃく な友達もいたし、

痩せなきゃ~ダイエットしてるの~と言って朝からクロワッサン5個食べている人もいたし、

人によって様々であった。

そんな人達を見ながら、

自分も食事制限をした事があった。

必要以上にカロリーや食べるものに気を使い、

ピリピリし、

母が作ってくれたご飯を、こんなの食べられないと突き返した。

外食は気になって、

友達と食べたりするのが嫌だった。

でも拒食症になる前に、

このままではよくない、と思い、

食事制限という概念を捨てた。

世界的に見ても、日本人は痩せすぎだと言われているらしい。

小学生までもが、自分はデブだから、

痩せなきゃという。

でも、

痩せる事が、本当に必要なのか?

ダンスの世界では、親が痩せなさいと子供に食事制限をさせ、

ダイエットダイエットと声をかけている光景も見える。

悲しいことにそう言った子が行き着く先は、

摂食障害である。

摂食障害は、拒食だけでなく過食も含まれる総称であるが、

これは言った方には些細な一言、のような言葉が引き金になってしまったりするのだ。

日本人の話題として上がりがちの相手の体型について

日本ではよく、

痩せたね~

太った?

など体型に関する話題が挨拶のように聞かれる。

実際、私も長いこと痩せることが必須だったから、

人のことをそう言った物差しで見てしまう事は多いし、

痩せてる人を見るといいなぁと思ってしまったりする。

でもだからこそ、あえて言おう。

本当にその痩せていること、は綺麗ですか?

必要な肉があり、

筋肉があり、

明るい表情。

その方が美しくないですか?

何も太っている方がいいとは言わない。

余分な物は無い方が美しい。

でも、それは骨と皮になれという事ではまるでなくて、

自分の身体の健康に目を向けて欲しいということ。

ダイエットはする必要がないー必要なのは幸せに食べること

幸せに食べること。

食べる事は生きること。

つまり幸せに食べる事は、幸せに生きることの一つの要素になりうる。

私はダイエットという言葉が嫌いだ。

この世から消えればいいのにと思う。

子供だけでなく多くの人が摂食障害で悩んでいるこの時代、

安易なそう言った言葉が飛び買わなくなる日が来て欲しい。

Instagram

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA